軽井沢大賀ホール

開催予定の全公演一覧

トップ » メインページ » 主催公演のご案内

■2019年5月の公演

新天皇即位に伴う祝日です。

  • 【日時】 2019年05月01日 ~


祝日法の規定により、休日です。

  • 【日時】 2019年05月02日 ~


【軽井沢大賀ホール 2019春の音楽祭】 尾高忠明指揮 東京フィルハーモニー交響楽団 ピアノ:仲道郁代

  • 【日時】 2019年05月02日 開場15:30、開演16:00、終演予定18:00~
尾高忠明・仲道郁代・東京フィルが奏でる 新時代に寄せるプログラム。

詳細情報を見る


【軽井沢大賀ホール 2019春の音楽祭】 「軽井沢 千ヶ滝別荘地100周年」西武プロパティーズ presents 大谷康子&イタマール・ゴラン デュオ・リサイタル ~ジネット・ヌヴーへのオマージュ~

  • 【日時】 2019年05月03日 開場13:30、開演14:00、終演予定16:00~
人気実力派ヴァイオリニスト×ピアノの名手による珠玉のデュオ。
※大谷康子さんからこの公演についてメッセージをいただきました。
下記アドレスよりご覧になれます。https://youtu.be/PvgJilmkbwo

詳細情報を見る


【軽井沢大賀ホール 2019春の音楽祭】 東京文化会館 presents 軽井沢チェンバーオーケストラ

  • 【日時】 2019年05月04日 開場13:30、開演14:00、終演予定16:00~
東京音楽コンクールの若き覇者・入賞者を迎えた、意欲的なプログラム。

詳細情報を見る


【軽井沢大賀ホール 2019春の音楽祭】 Concert for KIDS 0才からのクラシック

  • 【日時】 2019年05月05日 開場10:30、開演11:00、終演予定12:00~
多感なこどもたちに楽しく親しめる本物の音楽を。

詳細情報を見る


【軽井沢大賀ホール 魔暦21(2019)春の音楽祭】 うただま アンコール・コンサート

  • 【日時】 2019年05月06日 開場15:30、開演16:00、終演予定18:00~
魔暦21(2019)年 5月6日 開演
してやられる無類の娯楽アート=超意外な優しい歌+超独特な楽器共鳴+超愉快・異能職人技。スケール外!

『うただま アンコール・コンサート』とは
デーモン閣下が魔暦19(2017)年11月に発表した異色のアルバム「うただま」をひっさげ魔暦20年初夏に行ったツアー「うただま プレミアムコンサート」のアンコール公演である。
「うただま プレミアムコンサート」は、全編に渡りアコースティック、民族楽器などをバックに、オリジナル曲からカヴァー曲までを織り交ぜて優しく、あたたかく歌う、デーモン閣下のアーティストとしての表現力を再認識できる作品であり、ライヴパフォーマンスとなった。
アルバム発表を記念して行われたコンサートは全て完売となり、最終日公演は名古屋能楽堂で行うなど、異色づくめのコンサートツアーとなった。
今回は再演が熱望された「うただま プレミアムコンサート」がここ軽井沢大賀ホールでアンコール公演される、魅力的な演奏陣と共にデーモン閣下のアーティストとしての奥行きの深さを堪能して欲しい。

詳細情報を見る


みんなで集い歌う会「歌声の森」in 2019(演奏者ラウンジ)

  • 【日時】 2019年05月07日 開場9:30、開始10:00~
歌は苦手、音程が取れない、音譜が読めない方大歓迎!
日本の四季の歌や世界の名歌そして軽井沢ゆかりの曲を歌います。

詳細情報を見る


Guitar Lesson

  • 【日時】 2019年05月08日 ~
クラシック、アコースティックギター基礎、弾き語り等
未経験者大歓迎
時間:2時間くらい

講師:影山達也

詳細情報を見る


燎の会 仕舞・謡の稽古(演奏者ラウンジ)

  • 【日時】 2019年05月08日 13:00~15:00~
指導:観世流能楽師 井上燎治氏
 能の起源は古いのですが、一般には世阿弥(1300年代)をもって現代の能の起源としています。約700年の歴史があるのです。こんなに長く伝わってきた舞台芸術は世界どこを探してもありません。2001年にユネスコが世界の伝統文化遺産として定めた19の世界各地の伝統文化の一つにも選ばれました。
 能は古典文学等を演劇化したもので、謡う、語る、舞う、囃す等を巧みに組み合わせた舞台です。ここ軽井沢大賀ホールの楽屋、演奏者ラウンジにて毎月一度、謡・仕舞を指導しています。個人レッスンで一人約30分の稽古です。
●謡 全身の力を抜き、正しい姿勢で、深く吸った息を声にし、謡います。能の台本である謡は七五調で書き表されており、多くの和歌が読み込まれています。正座はせず、机・椅子を使用して指導をしています。
●仕舞 全身の力を抜き、重心を落とし、正しい姿勢で、文章に書き表されている、情景・心情を緩急自在に表現、舞います。能の型は煮詰められ、定められた型付を気持ちを込めて、能の主人公の心を表現します。服装は自由、白足袋をはきます。稽古を通して、心身を若く保ちましょう。
●燎の会 夏の能・狂言をプロデュースしています。主宰・井上燎治。軽井沢大賀ホールが開業した翌年から、毎夏、能・狂言の公演を開催。会員は公演のスタッフとして協力しますが、公演は無料で鑑賞できます。

詳細情報を見る